九州西教区災害対策委員会
熊本地震・九州北部豪雨の災害対策委員会を統合いたしました。

災害対策委員会活動報告

熊本地震のページ

(活動報告)フェイスブック始めました。

九州北部豪雨災害救援募金のお願い

九州西教区宗務所長:嘉瀬慶文
2017年7月5日からの大雨により、九州北部の各地で多くの被害が出ています。
報道によると、停滞する梅雨前線の影響から、福岡県朝倉市では24時間総雨量が月間雨量の約1.5倍(540ミリ)に及び、多くの住民が避難したとのことです(7/10現在)。 6日には福岡県が朝倉市と東峰村を、大分県が日田市と中津市をそれぞれ災害救助法を適用しました。死者の数も25人にのぼり、行方不明者も22人と報告され被害の甚大さがうかがえます。今後も局地的に雨が続き引き続き警戒が必要な状況です。
また避難されている住民の方々も日ごとに増えその数は1000人を超えている状況です。
つきましては洪水被害で苦しまれている方々へ少しでもお役に立てるよう義援金のご協力をお願い申し上げます。
また、教区内の御寺院様で被害がでているところがあれば宗務所までご連絡下さい。

合掌

ーーーーーー義援金振込先ーーーーーー
天台宗九州西教区
九州北部豪雨災害救援募金
01730−1−60824
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通信欄に「九州北部豪雨救援募金」と記入してください。

救援事務局
〒849-1104
佐賀県杵島郡白石町大字堤3144 安福寺内
℡:0952-84-3033 Fax:0952-84-4431

熊本地震救援募金のお願い

九州西教区宗務所長:嘉瀬慶文

皆様ご存知の通り、熊本地方を中心とした大地震の被害は私たちの想像を遥かに超えた未曾有の災害です。関係各位には家族、親類、知人の中に被災された方もいらっしゃるかと存じます。心よりお見舞い申し上げます。現在の被災状況は報道でご存知のことと思います。天台宗の寺院も被災し山門や石灯籠の倒壊、建物の倒壊など復興まで長時間かかりそうです。被災された寺院や近隣の人達は庫裡や自宅が歪み、瓦が落ちて雨漏りがし、さらには余震が続くため、車の中や避難所に避難されています。今では一年が過ぎだいぶ落ち着きを取り戻してきてはいますが復旧の現実は厳しいようです。
そこで、当教区は救援事務局を立ち上げ、できる範囲で様々な活動をしてきました。
これからも活動をできる限り続けていく所存です。
つきましては下記の振り込み口座へ義援金をお願いしたく思います。
一日も早く被災された方々の復興が実現するよう祈念し、また被災されてかけがえの無い命が失われた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌

ーーーーーー義援金振込先ーーーーーー
ゆうちょ銀行振替口座
口座名:天台宗九州西教区
通信欄:熊本地震救援募金
口座番号:01730−1−60824
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※通信欄に「熊本地震救援金」と明記して下さい。

救援事務局
〒849-1104
佐賀県杵島郡白石町大字堤3144 安福寺内
℡:0952-84-3033 Fax:0952-84-4431

2018年の教区の今後の予定
熊本地震三回忌法要             4月22日  熊本部釈迦院
教区通常議会                5月 9日  久留米ニュープラザホテル
ご詠歌大会                 5月10日  サンメッセ鳥栖
平成30年度教区研修会           8月     久留米ニュープラザホテル
教区団参                 10月19日〜21日 
※随時予定が決まり次第記載してまいります。また、ご質問等御座いましたら パソコンサークルまでご連絡下さい。

ENTERMEMBER

※MEMBERページのIDやパスワードは庶務主任鷲谷までお問い合わせください。メール