菅原道真公御神忌法要

平成27年2月25日太宰府天満宮本殿に於いて菅原道真公御神忌追善法華三昧法要が九州西教区久留米部、熊本部、柳川部、仏教青年会、教区副所長、教区財務出仕により厳かに執り行なわれた。また、来賓として天台宗参務角本尚雄社会部長ご臨席賜りました。


まずは誠心館に参集し、法衣の着衣を済ませ、会行事の正福寺高木師より差定、次第の説明を受け、衆僧は粛々と聞いて法要に備えていた。


導師をお勤めになる九州西教区宗務所長の甘井亮淳師(写真左)と法務御多忙の中宗務庁より来賓としてお越しいただいた社会部部長の角本師(写真右)


誠心館の前で列立の後、天満宮正面楼門まで行道をしながら静々と向かって行った。


正面楼門にて改めて列立し直し、入堂讃を唱えながら天満宮本殿まで行道して入堂。この日は、梅もたくさん咲いており、綺麗な梅の花と煌びやかな僧侶、良い香りと荘厳な声明を耳にした観光客の参拝者達は一斉にカメラで撮影を始め、自然と手を合わせる方も見受けられた。


法要後の記念撮影

入堂後は


入堂するまでの間天満宮の方より雅楽の奉納がなされ、さらに荘厳さが増し空気が引き締まった。


式衆着座の後、会行事より開式の辞があり、神職より詔が捧げられ、その後修祓を受けた。


法華三昧による法要の中で花びらを撒き、その花びらにそれぞれ仏様を勧請し供養する「散華」18名もの僧侶が一斉に声明を唱えながら花びらを撒くその光景はとても幻想的で参拝者達もその光景に魅了されているようであった。


約1時間の法要も無事に終わり、最後に記念撮影を済ませ、盛会裏に法要を終えた。また、当日は三重テレビより取材を受け、法要の様子を後日放送される予定です。

菅原道真公御神前法要
調聲  大善寺  甘井亮淳 権大僧正
呪願  御井寺  甘井智照
始経  聖徳寺  作村尚範
    岩蔵寺  中村博信
銅鐃  妙覚寺  嘉瀬慶文
    二階寺  吉田敦晃
    長谷寺  西川妙輝
讃頭  坂東寺  皆木寂俊
    東光寺  埜口諦順
    平仙寺副 山下亮秀
    阿弥陀寺 矢野晶洋
    国分寺副 中川透冴
    寳地院副 倉永圓竜
    大聖寺法 本田豪祐
    宗榮寺  福田定昭
銅鈸  永興寺  長野寂照
讃頭  大善寺副 甘井良憲
来賓  長寿寺  角本尚雄 天台宗参務社会部長

会行事 正福寺  高木亮順
 承仕 成就院  北島照山
    観音寺法 菊川恵信