檀信徒会総会研修会

平成26年7月7日 嬉野市公会堂において九州西教区
檀信徒総会・研修会が行われました。

総会は議案通り円滑に議事が進み、その後柳川部清水寺の檀信徒より祖
山参拝、熊本部常楽寺の檀信徒より寺院活動の報告がされました。


続く研修会。第一講は久留米部国分寺住職 中川霊誉師に『道心』とい
う演題でご講義を頂きました。
比叡山のことや伝教大師の教え、日常生活における仏教徒としての心構
えなどを分かり易くお話頂きました。

第二講では、志田焼の里博物館 館長 青木克巳氏に『嬉野の歴史』と
いう演題でご講義を頂きました。
焼き物を始め、お茶、温泉、隠れキリシタンなど多くの面から嬉野の歴
史について語って頂き、
参加者一同熱心に聞き入っていました。

研修会終了後は、嬉野温泉の老舗旅館「大村屋」にて一日の疲れを取
り、盛大に懇親会が行われました。

翌7月8日は、伝道師部門の移動研修として、鹿島市の祐徳
稲荷神社と「水堂さん」でおなじみの肥前西部 安福寺に参拝しました。
安福寺では、嘉瀬慶昭大僧正にご法話を頂きました。

今回は西教区各地より70名の参加がありました。どなたも勉強と懇
親、両面において有意義な研修会になったのではないかと思います。